ディーラーで保険契約が可能

自動車保険をどうするかで悩むタイミングとして多いのは自動車を新たに購入するときです。自賠責保険は義務だけれど任意保険は特に義務ではないから加入しないという人もいるのは確かですが、大抵の人は車を購入するタイミングで同時に任意保険に加入しています。車の購入手配と並行して自動車保険を探してみると、あまりに候補がたくさんあってどれが良いかわからないという状況に陥りがちです。その際に魅力的な相談先となるのが自動車の購入をするディーラーの担当者です。

そもそも自分から自動車保険について聞かなかったとしても、ディーラーの方から自動車保険はどうする予定かと質問されることすらあります。自動車のディーラーは保険会社と提携をしていて、保険商品を紹介する資格を持っているのが一般的です。そのため、可能であれば自動車の購入だけでなく保険契約の締結もして欲しいと考えています。よくこのようなプランに加入していますよ、という形で1つから3つくらいのプランを紹介してくれるのが普通です。購入手続きの待ち時間などに内容の説明なども受けられるので、自動車保険を探そうと思ったときにはディーラーにまずは相談してみるのが良い方法でしょう。

ディーラー保険は安心な選択肢

ディーラー保険は自動車保険の中でも安全な選択肢の一つとして知られています。車検もディーラーで受けるのが安心として知られているように、車について熟知しているディーラーだからこそのサービスを受けられるのがメリットです。保険に加入して実際に事故を起こしてしまったときには保険金の請求手続きをすることになります。車両補償に入っていたなら修理費がどのくらいかかるのかを見積もるなど、やらなければならないことがたくさん発生してしまいがちです。自動車に関わるものであればディーラーに聞けばすぐにわかり、見積もりも速やかに出してもらうことができるのが魅力です。

ディーラー保険は内容的には自分で同じ保険会社の自動車保険に加入するのと同じ場合がほとんどです。しかし、いざトラブルが起こったときに対応がスムーズで、困ったことに対して親切に対応してもらえるメリットがあります。さらに、保険の加入手続きや更新手続きなども一通り任せられるのもメリットでしょう。ディーラーによっては保険料が少し安くなっていたり、ディーラーオリジナルのプランを持っていたりすることもあります。その確認をする目的でもディーラーに相談してみるに越したことはありません。